フレームの形状について

顔の印象はフレームの形状で大きく変わる

同じ人なのにメガネを変えると別人のように見えることがあります。メガネは顔の印象を大きく変える効果があるため、古くからファッションアイテムとして活用されていました。見方を変えればメガネひとつで顔の印象がまったく異なったものになってしまうので、TPOに合わせて使い分ける必要があるとも言えます。数種類のメガネを使いわけることは、おしゃれに敏感で、自身の顔の印象にも気を配ることができる人と思ってもらえる可能性があるでしょう。ビジネス用やアウトドア用など、状況に応じた最適なデザインのメガネを使うのが良い印象を保つ秘訣です。メガネを使いこなすにはフレームの形状でどのように印象が変わるのかを正しく理解しなければいけません。

形状ごとの印象の違いを知る

人は大きく、丸いものに対して幼児性や可愛らしさを見い出す傾向があります。これは子供の体が小さく、全体的に丸っこい印象を持っているためです。メガネのフレームも同様であり、瞳に対してフレームが大きく、角がない丸い形状は可愛らしく親しみやすい印象をもたらします。相手に警戒心を抱かせないので接客業など不特定多数の人と接する仕事へ従事する人には最適です。一方、細く切れ長な形状のフレームは知的で大人びた印象を持たせます。言葉や行動に強い説得力を持たせる効果があるので、貴重品を扱う仕事や管理職に従事する人に向いていると言えます。また、フレームが太くなるほど実直で親しみやすい印象が強くなり、逆に細くなるほどクールでスタイリッシュな印象になります。