フレームのフチについて

フレームの形は第一印象のカギをにぎる!

メガネは顔の一部、とよく言われるようにメガネをかけている人が真面目そうに見えたり怖そうに見えたり、第一印象にとても影響します。メガネにはレンズの大きさと色、フレームの色や形に素材といろいろな要素があり、組み合わせをどうしようか楽しむことができるアイテ?ですが、もし他の人からの印象も意図したように狙えるなら、意識してメガネを選びたいですよね。まず、メガネにはどんな素材があるのかをご紹介します。 ・プラスチック:太さによってカジュアルからフォーマルまで幅広いスタイルに合わせることができます。 ・金属:高価な素材も多く、強度が高いまま軽量化でき、よりシャープなインパクトを与えることもできます。 ・その他:樹脂や木製、複数の組み合わせで作られたものもあり、柔軟性といった機能的なものや個性的なデザインにこだわることができます。

見られたい自分に合ったフレームを選びたい!

メガネ探しで店舗にいくと、フチの種類によって並び方が分けられていることが多いので、どんなメガネのフチにするか決めておくと探しやすいです。フチの種類は大きく分けて5つあります。 ・フルリム(セルフレーム):レンズがすべて囲われているフレームで、太さやカラーで印象操作しやすい種類です。 ・ハーフリム:レンズの上半分が囲われ、下半分はナイロンワイヤーで支えられているフレームで、フルリムよりもクールな印象になります。 ・リムレス:レンズが囲われておらず、バーだけのフレームで、メガネの印象は薄いので表情をそのまま伝えられます。 ・アンダーリム:ハーフリムとは反対に、下半分だけが囲われたフレームで、スタイリッシュで個性的な印象になります。 ・ブロウバー:ハーフリムに近いですが、上の一辺だけがあるフレームで、知的で誠実な印象になります。 フレーム選びのポイントを押さえて、見られたい自分に合ったものを選びたいですね。