短焦点レンズと累進レンズについて

視界の広い「単焦点レンズ」

メガネに使われるレンズには「単焦点レンズ」と「累進レンズ」の二種類が存在する事をご存じですか? 一般的なメガネに疲れているレンズは、一つのレンズに一つの焦点を持つ「単焦点レンズ」です。単焦点レンズは後に説明する累進レンズと比べますと、視界が広いという特徴があります。単焦点レンズは「近視用」「遠視用」「乱視用」があり、それぞれ目標とされる距離によって焦点が設定されています。主に水晶体をコントロールする筋肉がまだ衰えていない若い人達がよく利用するレンズになります。 若い人以外が主に使う例外的な単焦点レンズとしては、「老視用」のレンズが存在します。これは主に視力が衰えた老人達が手元を見るために使われるレンズになります。

複数の距離に対応した「累進レンズ」

メガネに使用されるレンズには、単焦点レンズ以外にも「累進レンズ」というものがあります。累進レンズは焦点が複数あるレンズの事で二点の距離に焦点が合わせられており、その二点と中間距離をレンズ内で使い分ける事ができます。よく聞く名前としては、「遠近両用メガネ」で使用されているレンズが累進レンズになります。しかし、実際には近視用と遠視用の2種に限った話ではなく、使用するレンズの組み合わせによって「中近両用メガネ」や「近々両用メガネ」「サポートレンズ」といった別の種類の累進レンズも存在します。一つのレンズ内の一部をそれぞれの距離で使い分ける事になりますから、単焦点レンズに比べるとどうしても視界が狭くなります。

目の中にある水晶体をコントロールする筋肉が衰えてきますと、距離に応じた複数のメガネを使い分ける必要があります。しかし、累進レンズの利用によって掛け替えの回数を減らす事が出来るのです。